HOME>アーカイブ>塾アルバイトをしたいというときには、面接対策は重要なポイント

塾の種類について

進学するための進学塾だけでなく、学校の授業のサポート・フォローを行う塾、授業のサポートや受験対策を行う総合塾、特定の科目の指導を行う専門塾があります。

塾アルバイトに受かる人の特徴

身だしなみがしっかりしている

アルバイトといえども、面接時にしっかりと身だしなみを整えていくことが受かるための最低条件となります。

面接時には受け答えや言葉遣いをする

生徒を教えるためには、しっかりとした会話、教える技術が必要です。

アルバイトであっても筆記試験を行う場合もあります

面接だけでなく、事前に筆記試験を行うことがあり、ある程度の教養や知識力、学力をチェックします。

教えることができる教科の数が多い

他のアルバイトが休んだときなどの対応のため、教えられる教科が多いほど優遇される傾向があります。

持ち物は事前に確認しておく

顔写真つきの履歴書だけでなく、スリッパや試験がある場合もあるため筆記用具など、塾アルバイトは一般的なアルバイトの面接とは異なる持ち物が必要になることがあるため、事前連絡をしておくと印象がよくなります。

学歴が関係してくる

先生と生徒

塾アルバイトは学生にとても人気です。というのも、採用されるには学歴が関係してくるからです。当然、有名大学に現役で通っているという人は即採用されることでしょう。現役学生は特に喜ばれます。現在も勉強をしている最中なので、頭が勉強モードになっており、教えるのに最適と言えるからです。また、三流大学と言われているところに通っている人でも現役大学生というだけで採用してくれる塾もあります。学生なら、まずはアルバイト先として塾講師を考えてみることをおすすめします。

教師を目指す人に最適

先生と生徒

塾アルバイトは特に教師を目指す人におすすめです。実際に教師になる前の練習になるだけではなく、人に教えるという経験を積むことができます。あまりにも教え方が悪く、生徒の成績が伸びないようなら塾側としても困るので、研修を設けている塾もあります。それから、講師の仕事の他にも事務職として採用されることもあるので、学習塾に興味のある人は講師以外での採用にも目を向けてみるのもおすすめです。塾の仕組みなどを理解できます。

比較的時給が高い

授業

塾アルバイトは学生にとって比較的時給が高いと言われていることもあり、採用されるものなら応募してみたいという学生が多くなっています。教えるのに自信がある人は応募してみるといいでしょう。勉強が好きな人におすすめです。

広告募集中